介護施設で裏方として働く〜事務や運転手など

subpage1

介護施設で働いてみたいと言う方の中には、けれど実際に介護をするのはハードルが高いと思われている方も多いかもしれません。
そのような方には介護施設の裏方で働くのがおすすめです。

たとえば事務仕事です。

介護施設において事務と言うのは、単に来客の受付や雑用に留まりません。

毎日新聞にはこちらのサイトが最適です。

とても重要な業務があり、それが介護報酬にかかわる業務です。


介護保険が適用される介護施設の利用に関しては、利用者が加入している公的介護保険によってその費用の一部が補助されます。
そして施設側は、一定期間内に介護保険の保険者に対して、補助金を請求しなければいけません。もしこの請求業務が遅れると、施設に入ってくるキャッシュが滞ってしまいます。

すると施設の経営が傾いてしまうことにもなりかねないので、これはとても重要な業務だと言えます。

そのため介護事務として働いたみたいと言う方は、介護事務の資格を取っておくのが望ましいです。



それからもうひとつ、自動車の運転免許を持っていると言う人は、運転手として働くと言う方法もあります。
通所系の介護施設においては、利用者を送迎する自動車の運転手が必要不可欠です。


勿論、施設のスタッフがその役割を担っていると言うところも多くあります。

ただ要介護者だけではなく、要支援の人も受け入れることができる通所系においては、利用者の数が多くなりやすく、スタッフを送迎業務に充てることができないと手言うところも少なくありません。

運転手として働く場合、午前中の2時間程度、そして夕方の2時間程度と言うシフトが多いです。
ですから忙しい主婦の方や、退職したけれど少しだけ働きたいと言う方にも向いています。

あなたのご要望に応える高級老人ホームについて説明致します。

知っておきたい情報

subpage2

介護施設と一口に言っても、いくつもの種類があり、それぞれに異なる特徴を有していて、受けることができるサービスや利用条件、費用が異なります。介護施設を大別すると、入所介護型老人施設と、在宅介護型老人施設に分けることができます。...

next

情報分析

subpage3

少子高齢化が進んでいく、また要介護人口の増加が見込まれている日本において、介護施設は絶対的に必要な施設です。ただ介護施設、特に入居系施設に関しては数が不足しているとも言われており、入居待ちの数が膨れ上がる一方だと言う自治体もあるようです。...

next

基礎知識

subpage4

介護施設は主に高齢者が生活を送る施設で、高齢者の中には体が不自由な人や病気を抱えておられる人も多く、余生を施設で安心して暮らせることを目的として、ここに入所する人が多いです。介護施設には基本的に介護スタッフが常駐しており、社会福祉士や介護士などのほか、看護師が常駐しているケースもあります。...

next

知識を増やす

subpage5

介護施設の中には、短い期間滞在できるところがあります。短期間の滞在はショートステイと呼ばれて、いろいろな介護施設が実施しています。...

next